岡山市・仕出し弁当・会議用弁当・牛めし弁当・うなぎ弁当:岡山市にある和膳玄多です。

トップページ
和膳玄多のこだわり
玄多のこだわり
見島牛

お品書き
お昼のお品書き
夜のお品書き
仕出し・お弁当
焼酎
日本酒
その他のお飲み物

会席・ご宴会
会席料理
とらふぐ鍋
鍋料理

店舗紹介
店舗概要/アクセス
玄多スタッフBlog
大将の南極生活

ご案内
リンク集

見島牛 鍋料理 岡山県岡山市 和食 日本料理 宴会 見島牛

トップページ >> 見島牛
和食 割烹料理 岡山県 岡山市

   見島牛 料理紹介
「見島牛」は古くから山口県北方の日本海に浮かぶ離島「見島」で飼育され続けてきました。
そのため、他の品種との交配を免れ、和牛としての原型を今日まで保つことができ、昭和三年には、天然記念物に
指定されています。
その味は濃厚で、昔ながらの和牛の風味と旨味をこの牛だけが守り続けています。

見島牛 石焼
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・\2,500

見島牛 たたき
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・\2,000

肉料理と相性の良い赤ワインをご一緒にどうぞ
アルガーノ モンテ 赤ワインハーフボトル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・\3,000
見島牛
 
 勝沼醸造株式会社のワインですので、日本人の口に合わせた味になっております。

   見島牛とは
見島牛 鍋料理 岡山県 岡山市 見島牛は山口県萩市見島で飼育されてきた日本在来牛
です。
萩市の沖、40〜45k、日本海に浮かぶ孤島、見島に生息してきた牛です。

この牛だけが純粋な和牛の姿を守り続け、
昭和33年(1928)に国の天然記念物に指定されました。
日本では明治維新になって、牛肉や豚肉を食べるという
西洋の食文化がはいってきました。
古くから役用牛として飼われてきた和牛はもともと小さかったので、肉の量が取れる大きい牛にしようと言うことから、デボン種、アンガス種、ブラウンスイス種などの海外品種を掛け合わせていった。それが今の和牛です。
つまり今の和牛は「雑種」なのです。
食用牛
 食用牛として改良を行うため、外国の品種を導入し交配させていった。
 その結果、日本古来の純粋な和牛は姿を消していったのです。
 ただ唯一、この「見島牛」だけが、和牛の純粋種を守り続けているのです。
 現在、見島牛保存会の7戸の農家により約90頭が保護され、育てられています。
 食肉用としては、その数わずか年間8〜10頭と非常に希少になっています。
 和牛の[霜降り肉]の起源であり、作った霜降りでない自然の霜降り肉。
 これこそが、和牛の「霜降り肉」の起源なのです!
 「ただの霜降り肉」に満足されない食通の方々をもきっと満足させる本物の極上の肉なのです。

和膳玄多
和膳玄多 和膳 玄多(くろだ)
〒700-0906
岡山県岡山市北区大学町4−31
TEL:086-224-8722 
FAX:086-224-8722 

※各種カード利用可能

営業時間:

  【昼の部】

  (火)〜(金)・(日) 
  11:30〜14:00(オーダーストップ13:45)
  
  【夜の部】

  17:30〜22:00(オーダーストップ21:30)
  

  定休日:月曜日・土曜日(昼の部)

URL:http://www.wazen-kuroda.jp

“見島牛” ページトップへ

トップページ │ 玄多のこだわり │ 見島牛 │ お昼のお品書き │ 夜のお品書き │ 仕出し・お弁当

焼酎 │ 日本酒 │ 会席料理 │ とらふぐ鍋 │ 鍋料理 │ 店舗概要/アクセス

COPYRIGHT(C)2007 和膳 玄多 ALL RIGHTS RESERVED.